忍者ブログ
いろんなものの出会いについて
«06 2017/07 12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 31 08»
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大音量ライブ/“ストリップ”/即席の撮影会

4月10日8時1分配信 産経新聞


 電気街とオタクの街の顔を併せ持つ東京・秋葉原で休日に開催される歩行者天国が“無法状態”となっている。大音量で演奏するバンドや下着をあらわにした女性パフォーマーが横行し、警察官からの注意は、当たり前の光景だ。モデルガン発射騒ぎまで起きている。35年前から続く歩行者天国だが、オタクの聖地と呼ばれるようになってからは騒動が絶えない「アキバのホコ天」に変わり、古くからの地元関係者や警察官はまゆをひそめている。(森浩、時吉達也)

 ■無許可使用

 日曜日の昼下がり。楽器を抱えた若者が陣取る。しかし、すぐに演奏は始めない。彼らが待つのは警察官の見回りだ。巡回を見届けたのち、おもむろに演奏が始まる。100人を超える聴衆の輪ができるのはあっという間だ。「迷惑掛けてないですし、問題ないんじゃないんですか」。聴衆の男性はさらりと語った。

 演奏や芸などのパフォーマンスが、聴衆を集めるなどして人の往来の妨げになると、歩行者天国でも道路交通法(無許可道路使用)に抵触する。

 だが、そうした社会のルールは関係ないとばかりに、女性が、鉄のさくの上に立ち、下着を露出するストリップさながらの光景もみられる。ローアングルから“ベストショット”を狙おうと、人が集まる。アキバではおなじみのメード服姿の女性も現れ、同じく携帯カメラを構えた人だかりができる。

 3月30日には歩行者が密集するなか、「モデルガンの撃ち合いが行われている」という通報があり、警察官が駆けつける騒動があった。発射した人の特定はできなかった。

 ■「邪魔が入らない」

 警視庁交通規制課によると歩行者天国は都内では、銀座、新宿、秋葉原の3地区で実施されている。

 地元商店街関係者によると、無法状態となったのはここ5年ほど。警視庁幹部は「おたくのアキバとして、秋葉原の注目が高まったことが原因では」と分析する。

 集う若者にも“理由”がある。バンド演奏していた男性は「駅前などで演奏すると、近隣住民らに通報されることが増えてきた。表現できる場所が減ってきている」と現状を語る。

 ダンスグループを主催する男性は「新宿や池袋などでは暴力団風の男に『お前は(金を)払っていないだろ』と迫られた。アキバではそんなことはない」。いろいろな“邪魔が入らない”のが、アキバのホコ天に集まる人にはメリットらしい。

 ■制度廃止?

 営業妨害を訴える電気店もある。「何度警察に通報したか数え切れない。注意したら、取り囲んでいる観客から不満を言われたこともある」と、電気店店主(30)はため息をつく。

 警視庁幹部は「現段階ですぐに(歩行者天国が)廃止になることはない」としながらも「警察官による巡回は続ける。(存廃などは)街の人の意見を聞きながら考えていくこと」と、制度廃止の可能性もにじませる。実際に原宿の歩行者天国は騒音などを理由に廃止された。

 東京工業大学大学院理工学研究科の藤井聡教授(交通社会心理学)は「広場が少ない日本で、人が往来する道路は古来、文化的に重要な地点。(無法状態となっているのは)社会規範の溶解が進んでいるということ」と指摘している。

                   ◇

【用語解説】歩行者天国

 特に法律的な規定はなく、大規模に交通を規制して歩行者専用の道路とすることを指す。最近は「ホコ天」と呼ばれている。商店街活性化などの理由で、昭和44年に北海道旭川市で試験的に行われたのを皮切りに、銀座など都内の繁華街でも始まった。騒音や交通渋滞などの理由で廃止される例も多く、「竹の子族」を生んだ東京・原宿では、平成8年に廃止された。
セフレ 人妻 逆援助
PR
関東と東日本は8日、発達した低気圧の影響で大雨や強風による荒れた天気となっている。静岡県の網代では瞬間最大風速34・5メートルを観測。埼玉・浦山と静岡・湯ケ島では24時間の雨量が170ミリを超えて、4月としては観測史上最も多くなった。

 この雨と風で、東海道新幹線が熱海-三島間で一時運転を見合わせたほか、在来線でも東海道線が平塚-小田原で運転を取りやめた。海上でも久里浜(神奈川)-金谷(千葉)を結ぶ東京湾フェリーが始発から欠航しているほか、清水(静岡)-土肥(同)間の駿河湾フェリーも第1便から全便で運休・欠航している。

 正午前には羽田空港の滑走路が冠水して滑走路が閉鎖、飛行機の離発着が見合わされた。強風もあって、航空各社あわせて50便以上が欠航を決めている。

 気象庁によると、この荒天は9日朝まで続き、関東では多いところで24時間に120ミリ、伊豆諸島でも60ミリの雨。関東近海は波の高さが6メートルを超えて、大しけとなるところもあるとして注意を呼びかけている。
童貞 出会い エロ
米FOXテレビは24日(月)、人気ドラマ「プリズン・ブレイク」の新しいシーズンの制作を発表した。



 昨年放送された「プリズン・ブレイク」の第3シーズンは、米脚本家組合のストライキのためシーズンの途中で終了してしまったが、新シーズンは22話無事放送されそうだ。第3シーズンの13話の平均視聴率は、820万人の視聴者で、視聴率3.2に対し占有率9という成績だった。

 第3シーズンのストーリーは、主人公たちがパナマの牢を脱獄するところから展開していった。プロデューサーは苦肉の策で、中盤の盛り上がりを最終回に当て、なんとか終了するかたちとなった。

 きたる第4シーズンでは舞台をロサンゼルスに移しての展開となる予定。

 一方でFOXは、今シーズンに始まった新作シットコム“The Return of Jezebel James”は続投しないことを決定した。インディーズの女王と謳われるパーカー・ポージーが主演するこのコメディは、「ギルモア・ガールズ」のエイミー・シャーマン=パラディーノがプロデュースした姉妹のドタバタ劇。

 勝手気ままに生きるキャリア・ウーマンが、自分は子供を生めない体だったことが分かり、妹に代理母になるよう頼む奇抜な設定。斬新なアイデアにもかかわらず、視聴率は低迷気味で、視聴率1.1に対し占有率4と振るわなかった。

 さらにFOXは、同様に視聴率が低迷していた“Til Death”の放送を差し止め、「Bones -骨は語る-」の再放送を金曜の8時からの1時間枠で放送することを発表している。

逆援助 逆援助 逆援助
【ロサンゼルス=松尾理也】米ネバダ州ラスベガス在住の73歳の男性が自宅の物置で「未発表のマリリン・モンローのヌード写真を発見した」として、専門家のお墨付きも得た上で発表しようとしたところ、事前にチェックした記者から「(米歌手の)マドンナの写真ではないか」と指摘され調べたところ、間違いであることが確認されるドタバタ劇があった。

 AP通信によると、この男性は昨年、自宅物置でモンローのヌードらしき見慣れぬ写真を発見。モンローの専門家を称する評論家にも協力を仰いだ結果、未発表の写真と結論づけ、20日に記者会見を設定した。

 ところが、会見前に一部記者に実物を見せたところ「1992年発表のマドンナのヌード写真ではないか」との指摘が挙がり、調べた結果、取り違えが判明した。
 所有者はこの写真を、60年代にニューヨークでガソリンスタンドを経営していた際の客の忘れ物だと思っていたという。間違いと気づいた際には、すでに会見の予定を地元紙などが報じてしまっていた。

 「専門家」氏は「こんな恥ずかしい思いはしたことがない」と潔くヘマを認めた上で、「この一件の勝ち組はマドンナさ。本当によくモンローと似ている」と述べたという。セックス 逆援助 人妻出会い
【石家荘(中国河北省)=野口東秀】中国製冷凍ギョーザによる中毒事件で31日、ギョーザを製造した「河北省食品輸出入集団天洋食品工場」(天洋食品)で、数年前にも同じ殺虫剤が混入していたことがわかった。同社の元従業員が明らかにした。事実ならば、過去の教訓が生かされず、今回の中毒事件を起こしていたことになる。

 河北省石家荘にある同社工場の門は閉ざされており、報道陣は一切、シャットアウトされている。31日午後1時過ぎ、河北省の検査検疫局の幹部が同社内に入った。同幹部は「昨夜(30日)から調査している。今回の調査は大人数での実施だ。通知を受けてすぐに調査を始めた。今回の問題を重視し、真剣に調査している」と語った。

 続いて国家品質監督検査検疫総局の幹部が到着、約4時間にわたって立ち入り調査を行った。その際、関連製品を押収したもようだ。

 また、日本の生協関係者らが30日から工場を訪れているとされる。

 一方、現場には騒ぎを聞きつけた元従業員も姿を見せた。同元従業員は「約3年前に農薬の問題があった」と指摘、管理体制のずさんさが事件を引き起こした可能性があることを示唆した。ただ、その時点で日本側企業がどのような措置をとったかは不明だ。 

 工場自体の態勢が整っていないなかで、国家品質監督検査検疫総局が2003年10月、河北省での品質検査に合格すれば、輸出時の検疫などの検査を免除する措置をとっていたことも判明している。通関スピードを速めることで競争力を高めることが目的だったとみられる。

 また、複数の元従業員によると、昨年12月末、ギョーザを製造していた約100人のうち14人が理由もなく、クビになったという。多くの従業員が月給1000元(約1万5000円)、休みなしで1日13時間働かされ、「少なくない従業員が不満を抱いていた」などとも述べた。

 ただ、一方で「待遇は悪かったが、野菜をきれいに洗うなど衛生面はよかったと思う」という証言もあり、どの段階で殺虫剤が混入したのかは、今のところわかっていない。
セックスフレンド 出会い系 サクラ 出会い
<< 前のページ 次のページ >>
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
Copyright © / “りんごちゃん”created by pandacompany
忍者ブログ [PR]