忍者ブログ
いろんなものの出会いについて
«03 2017/04 12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 05»
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

オランダ領東インド( - りょうひがし - )は、かつてオランダ宗主国として支配した東南アジア島嶼部に存在した植民地国家、あるいはその領域をさす名称である。その支配領域は、ほぼ今日のインドネシア(2005年現在)の版図にあたる。

オランダによる東インド支配について「300年(または350年)におよぶ植民地支配」という呼び方があるが、今日のインドネシアの版図をあらわす「サバン(スマトラ島最西北部にある町)からムラウケ(ニューギニア島最東端の町)まで」の領域をオランダがほぼ完全に掌握したのは20世紀初頭のことである。

原語(オランダ語)では「Nederlands-Indië」、英字では「Dutch East Indies」と表記する。戦前の日本では漢語表記の「蘭領東印度」から「蘭印」の略字がよく用いられた。

オランダ人がこの海域に到来するようになったのは16世紀末のことである。ポルトガルの植民地などで働いたオランダ人リンスホーテンの情報により、1596年、オランダのハウトマンの船団がスンダ海峡に面したジャワ島西北岸のバンテン港に到達した。

ハウトマンは、胡椒交易で繁栄していたバンテン王国とのあいだで交易関係を築くこと目論んだが、結局その試みは失敗し、暴力的略奪と住民殺害によってわずかの香辛料を本国に持ち帰るだけに終わった。

ただ、マダガスカルからインド洋をこえてジャワに到る、オランダ人にとっての新航路を開設したことの意義は大きく、また、彼の帰還によって、オランダでは東方航海への関心が高まった。

1598年、オランダはバンテン王国によってバンテンに商館を設置することを許可され、さらに東方貿易を一元化するため、1602年、「オランダ東インド会社」(Verenigde Oostindische Compagnie、以下VOCと略す)を設立、1609年には、この商館における活動を統括する「東インド総督」を置いた。

しかし、VOCは、バンテンでは王国に警戒されて思うような交易上の成果をあげることができなかったため、1619年、バンテン東方に位置するジャヤカルタ(現在のジャカルタ)に新たに商館を設置、この地を「バタヴィア」と改めて、オランダ東方貿易の拠点として、都市建設をすすめていった。VOCはその後、マルク諸島での香料独占をはかるため、アンボン島でのポルトガル人排除、バンダ諸島征服などによって、貿易独占の達成に成功した。

このようにVOCは、当初、港と商館を中心とする交易独占によって利益をあげていたが、17世紀後半からジャワ島内陸部へと進出し、領土獲得に熱意をみせるようになった。すなわち、獲得した領土で当時の有力商品であるコーヒーなどを栽培し、これを輸出することで利益をあげるためである。いわゆる「点と線」の支配から「面」の支配への転換をはかろうとしたのである。

VOCは、ジャワ島内部の王朝間での戦争や、各王家内での後継者争いなどに介入することで、17世紀後半にはマタラム王国を衰退させ、そして1752年にはバンテン王国を属国とすることに成功した。しかし、領土獲得のために要した莫大な戦費と、会社自体の放漫経営のために、VOCの経営は悪化し、1798年、VOCは解散することになった。その後を引き継いで植民地経営にあたったのは、本国オランダ政府である。

東インドの領土、財産、負債などの一切をVOCから受け継いだオランダ政府であったが、19世紀初頭、フランス革命以降のヨーロッパ政局の混乱の波に襲われた(ナポレオン戦争の項を参照)。オランダ本国はフランスに併合され、また、オランダの海外領土はイギリスの統治をうけることになったのである。

1811年から1816年まで、ジャワ島の植民地経営にあたったのは、東南アジアにおけるイギリスの植民地経営に中心的な役割を果たしていたラッフルズである。そのラッフルズのジャワ島経営は短期間に終わったが[1]、彼のもとで開始された土地測量や税制改革は、その後のオランダによる植民地経営にも一部引き継がれた。

1814年、オランダとイギリスのあいだで締結されたロンドン条約では、オランダがスマトラ島を、イギリスがマレー半島を、それぞれ影響圏におくことを相互に承認した。今日のインドネシア・マレーシア間のマラッカ海峡に大きな国境線が引かれることになったのは、この条約に端を発するものである。

1820年代から1830年代にかけて、オランダは深刻な財政危機に直面した。1830年ベルギーが分離独立したため、オランダ本国は有力な工業地帯を失った。また、東インドでは、1825年ジャワ島のマタラム王家のディポヌゴロをリーダーとする反乱(ジャワ戦争)が起こり、同時期にスマトラ島でも、イスラーム改革派(パドリ派)と反パドリ派の対立に端を発するパドリ戦争が起こったため、軍事費が増大した。

こうしたオランダ本国の財政状態を改善するため、東インドに導入されたのが「栽培制度」(日本では「強制栽培制度」と訳されることが多い)である。これは、現地住民に指定の農作物を強制的に栽培させ、植民地政府が独占的に買い上げるというものであった。指定栽培されたのは、コーヒーサトウキビインディゴ)、タバコなど、国際市場で有望な農産物である。東インド植民地政府は、農産物をヨーロッパなどへ転売して莫大な利益をあげた。

この制度はオランダ本国の財政赤字を解消しただけでなく、産業革命期に入りつつあったオランダのインフラ整備にも大きく貢献した。しかし、同時に、オランダ経済の東インドへの依存度を高めることにもなった。

この制度は、栽培を強制された住民には大きな負担となった。収穫された農作物は、植民地政府の指定する安い価格で強制的に買い上げられた。さらに、従来稲作をおこなってきた水田で、アイやサトウキビなどの商業作物の栽培が強制されたため、凶作が重なると深刻な飢饉を招くこともあり、餓死者も出た。一方、この制度の施行期間中にジャワ島の人口がほぼ倍増したことを指摘して、暗黒面だけを強調するのは妥当ではないとする意見もある[2]

強制栽培制度による現地住民の苦役と飢餓の実態は、小説『マックス・ハーフェラール Max Havelaar 』によって告発された。東インドで勤務した経験を持つオランダ人ダウエス・デッケルが、ムルタトゥーリの筆名で1860年に発表したこの作品は、オランダ文学の古典とされる[3]。この小説はオランダ本国で大きな反響を呼び、強制栽培制度を非難する声が高まった。このため、1860年代以降、同制度は国際競争力のなくなった品目から順に、廃止されていった。

また、農作物に代わる新たな産物として、産業革命による石油資源の国際市場における重要度の高まりを受け、油田の開発が始められた。1883年スマトラ島東岸での試掘が許可され、1885年に採掘に成功した。試掘に当たったロイヤル・ダッチ社は、今日のロイヤル・ダッチ・シェルの前身である。

1940年5月15日ドイツの侵攻をうけて宗主国オランダは降伏した。以後、第二次世界大戦終結までオランダ本国はドイツの占領下におかれた。一方のオランダ領東インドは、1942年2月末に日本軍による侵攻をうけ、10日ほどの戦闘の後、在東インド植民地軍は全面降伏し、以後、東インド全域が日本の軍政下に置かれた。「オランダによる350年の東インド支配」が実質的に終了したのである。

詳細は蘭印作戦を参照

その後、1945年に日本が連合国に降伏すると、8月17日、高名な民族主義運動の活動家、スカルノハッタが「民族の名において」インドネシアの独立を宣言した。オランダはその独立を認めず、東インドを再植民地化しようとしたが、武装勢力(正規軍・非正規軍を問わず)との武力衝突が頻発した。かつて「オランダ領東インド」と呼ばれた領域は「インドネシア」として生まれ変わった姿で、オランダの再来を拒んだのである。戦争は4年の歳月を経て和平合意に至り、インドネシア連邦共和国の成立が承認された。

出会い系出会い
PR
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071109-00000155-mai-spo
関東学院大のラグビー部員2人が部の寮で大麻を栽培したとして神奈川県警に大麻取締法違反容疑で逮捕された事件を受け、同大の内藤幸穂理事長は9日夜、同部について、来年3月末まで対外試合自粛▽春口広監督は技術指導を3カ月間自粛▽逮捕された中村大樹(たいき)(21)と梅埜桂嗣(うめのけいじ)(20)の2容疑者を同日付で退部させ、処分を教授会に委ねる--とする処分内容を発表した。ラグビー部の森崎初男部長が辞任し、大学側も内藤理事長と松井和則学長が理事会に進退伺を出す。

 同大は関東大学リーグ戦最終戦(24日、対法政大)に出場できず、優勝確定の条件だった最終戦での勝ち点(敗戦でも1、棄権は0)が獲得できなくなったが、2位以下の結果次第でそのまま優勝が決まった場合も辞退する。また、全国大学選手権にも出場できなくなった。【堀智行、杉埜水脈】

 ◇関東学院大、不祥事で対応に追われる

 ラグビー部員2人が大麻取締法違反容疑で神奈川県警に逮捕された関東学院大は9日、2度も会見を開くなど対応に追われた。

 ラグビー部の活動を巡っては「対外試合には出場する」から「来年3月末まで自粛する」と一転した。内藤幸穂理事長や春口広監督が出席した午前10時からの会見で、春口監督は無期限でラグビー指導を行わないが、リーグ戦も含め対外試合は辞退しないことを明言。しかし午後2時、春口監督らが東京都内の関東ラグビー協会を訪れると事態は急転した。

 「協会役員から対応のまずさを指摘された」と春口監督。関東協会の貴島健治副会長は「過去に不祥事があった時に、大学と事前に連絡を取り合って対応策を検討した。連絡もないまま、大学側が対応を発表したことは例がない」と首をかしげた。

 結果的に対外試合自粛のほか、関東大学リーグ戦で優勝した場合は「(優勝を)返還か、辞退させて頂く」(春口監督)こととなった。内藤理事長は「私の家にも午前の会見を受け、(知り合いから)おしかりの電話が来た。申し訳ない」と頭を下げた

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: ナビゲーション, 検索

アレクサンドロス3世ギリシア語Αλέξανδρος ο Μέγας ラテン文字転写:Aleksandros III Megas、紀元前356年7月? - 紀元前323年6月10日、在位前336年 - 前323年)は古代マケドニア王国のテメノス朝の国王であり、後世にはアレクサンドロス大王と呼ばれている。

マケドニア王フィリッポス2世とエピロテ王女オリンピアスの間に生まれ、幼年期にアリストテレスを家庭教師に迎えギリシアの基礎的な教養を身につけた。紀元前338年、アレクサンドロスは一軍の将として父に従ってギリシアに出兵しカイロネイアの戦いでアテナイ・テーバイ連合軍を破る。これが彼の初陣であったが、このときアレクサンドロスは精鋭の騎兵を率いてギリシア軍を壊乱させ、マケドニアの勝利に大きく貢献した。父フィリッポス2世は全ギリシアの覇権を握ると続いてペルシャ東征を計画したが紀元前336年に暗殺された。

20歳の若さでマケドニア王を継承したアレクサンドロスは、敵対者を排除してマケドニアを掌握すると、トラキア人と戦うためにドナウ川方面に遠征して成功をおさめ、その隙に反旗をひるがえしたテーバイを破壊。父王暗殺後に混乱に陥っていた全ギリシアに再び覇を唱えた。ギリシアの諸ポリスと同盟したアレクサンドロスは、父の遺志を継いで紀元前334年にギリシア軍を率いてペルシャ東征(東方遠征)に出発した。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

収斂進化(しゅうれんしんか)とは、複数の異なるグループの生物が、同様の生態的地位についたときに、系統に関わらず身体的特徴が似通った姿に進化する現象。

明らかに類縁関係の遠い生物間で、妙に似通った姿、あるいは似通った器官を持つ場合がある。中にはジャコウアゲハの幼虫とシカクナマコの子供のように、どう考えても関係がない場合もあるが、それぞれにその姿をしているのが生活の上で役に立っていると分かる場合もある。たとえば、モグラの前足は分厚く、爪が強く、指その物は短くなっており、明らかに穴を掘るために役立つ形である。ところが、同じく穴を掘って暮らしている昆虫のケラの前足を見ると、やはり丸っこくて、周りに爪状の突起があって、動かし方も良く似ている。これらは、いずれも穴を掘るための器官としての適応の結果であると考えられる。この様な現象の事を収斂進化、あるいは単に収斂と言う。

特にこのような例が見られるのは、異なる地域で生物相が大きく違っているのに、似たような場所で似たような生活をしている生物同士の間で見られる。これは、それらの生物が、それぞれの生物群集の中で、非常によく似た生態的地位にある場合に見られる、と言われる。つまり、同じような生活をするものには、同じような形態や生理が要求され、そのため似た姿に進化する、というのである。たとえばオーストラリアの有袋類であるフクロモモンガとリスの仲間であるモモンガとは、外見が非常によく似ている。 この様な現象は、様々なところで見受けられるが、特に、空を飛ぶとか、穴を掘るとか、水中を高速で移動するとか、生物にとって拘束の大きい条件下で特によく見掛けられる。形態の選択肢が少ない、と言ったところであろう。

生理的な面での収斂現象もある。たとえば動物は排出器を通じて窒素を含む分解産物であるアンモニアを排出するが、この物質は水に溶け、動物体には有害である。このため、水生動物はそれを水に溶けた形で排出する。しかし、陸では水分補給が限定されるから、このような排出は行えず、しかも体内に蓄積するわけにも行かない。そのため、爬虫類や鳥類ではアンモニアから尿酸を合成し、固形物の形で排出する。同様に陸上節足動物である昆虫なども尿酸を排出する。これらの分類群は全く独立に陸上進出したものであるから、この性質も独立に身につけたものであるはずである。

収斂は、全身の姿にも、個々の器官にも見られる場合がある。先のモグラとケラの例では、それぞれの前足がそっくりであるだけでなく、全身の姿にもやや類似が見られる。体表が細かい毛で覆われている点も似ている。前足に関しては、モグラでは内骨格の五本指の掌からの変形であるのに対して、ケラでは外骨格の形態の変化で似た姿になっている。この例のように、本来は異なった起源をもつ器官が、類似の働きと形をもつ場合に、それらのことを相似器官と言う。

なお、収斂が起きるときには、様々な系統から、同じような形へと進化して行く。つまり、同じ方向への進化が異なった場で起きているので、この現象を平行進化という。

また、下で述べる有袋類の多様化のような現象は適応放散と呼ぶ。これは起源を同じにする生物が、異なった環境の要求に応じて多くの異なった姿になったというふうに解せられる。いわば収斂の逆の現象であるが、それぞれの地域での適応放散の結果が、それぞれの個々を見比べた場合に収斂を起こしているのもよくある現象である。

なお、異なった生物の間によく似た形質が見いだされる例に、擬態がある。ただし、これはどちらか片方が、もう片方の種に似た姿であることで何らかの利益を得るため、それに似る方向に進化したものであり、モデル生物なしにはその存在が考えられない。その点で、収斂はモデルとは無関係に、その姿に適応的意味があるので、異なった現象と言える。しかし、比較的近縁な生物が同様な保護色を身にまとえば同じような形になりやすい、と言うようなこともあるから、両方が働く場合もあり得る。

  • 哺乳類のうち有袋類のフクロ○○という動物と有胎盤類(真獣類)の○○という動物
オーストラリア大陸には本来は有袋類以外にはほとんど哺乳類が存在しなかった。これは、有袋類が分化した時期より少し後、真獣類が分化する前に他の大陸から分離し、その後陸続きになることがなかったためと言われる。したがって、他の地域ではさまざまに分化し、多くの目に分かれた哺乳類たちが占めた生態的地位を、有袋類(と単孔類)のみで占めることとなった。事実、有袋類に見られる多様性はクジラなどを除けば真獣類のすべてにほぼ匹敵するほどにもなっている。その中で他の地域ですでに名前を付けられた動物に似た姿のものがオーストラリアで発見された場合、その名にフクロをつけて呼ばれることが多かった。その、名の元になったものと、フクロ付きのものの関係が収斂である。以下に代表的な例を挙げる。
  • フクロネコとネコ:小型脊椎動物を補食
  • フクロアリクイとアリクイ:小型無脊椎動物を補食
  • フクロモグラとキンモグラ(モグラよりむしろこちらの方が似ている):砂に潜って小動物を漁る。
  • フクロオオカミとオオカミ:大型動物を追跡して捕食
フクロネズミはネズミというよりジネズミなどに似ているが、この例は、どちらかと言えば哺乳類の原始的形態に近い姿をもつ、つまりあまり特殊化していないものであるために似た姿なのであって、収斂と言うのは当たらないかもしれない。
  • ピロテリウムとゾウ
  • 魚竜とイルカとサメ
これらは水中を高速で遊泳する姿への進化である。特にイルカと魚竜の場合、いずれも陸生動物からの水中への適応であり、非常に似た姿である。魚竜は爬虫類でありながら卵胎生で子供を産む点でも共通する。つまり生理に於ける収斂である。ついでに、体色においても(魚竜のそれは不明だが)背面の黒、腹面が白というほぼ共通の配色をもつ。これは水中での保護色の基本でもある。なお、大きな違いとしてはサメ、魚竜の尾ひれは左右から扁平なのに対して、イルカの尾ひれは上下から扁平である。爬虫類の運動が体を左右にくねらせるのに対して、哺乳類ではそれが抑えられていることに起因するのかも知れないが、部分的には選択肢もある、と言うところである。
ペンギンもこれらとかなり似通った外形、配色を持つ。外形等にかなりの差があるが、これは系統の制約というべきであろう。
  • 昆虫の翅と鳥・コウモリ・翼竜それぞれの翼も収斂進化の例として挙げられる。このうち、後三者のそれはいずれも脊椎動物の前足に由来するものであるから相同器官ではあるが、それぞれ独立に発達したものなので収斂と言って良いだろう。おのおのの翼の構造は全く異なる。鳥の場合は太くて狭い腕に羽毛が生えて幅広い翼を形成している。コウモリと翼竜のそれは長く伸びた指の間に膜を張ったものであるが、コウモリは四本の指の間に張ってあるのに対して、翼竜はたった一本の指でそれを支える。このように構造的には異なっているものの、全体的な翼平面形(概ね先細の細長い形状)や翼型(全体に薄い断面形)は良く似ている。これは、流体力学・構造力学的な要請から、飛行のために適当な翼形状が自ずと決まってくることによる。一方、昆虫の翅は起源も異なり、サイズと飛行速度が小さくレイノルズ数が小さい(鳥などが104 - 105程度であるのに対して、103 - 104程度)ため、構造や翼型にはかなりの差も見られるが、それでも全般的な形状としては似ており、翼の一種として扱える。たとえばトンボの翼型は流線形ではなくギザギザした平板状ではあるもののやはり薄く、平面形もわりと細長い。ほかにはたとえばコガネムシの後翅は折りたたみ方がコウモリのそれとよく似ている。これは細い骨組みで支えられた膜からなる翼を、うまく折りたたむための収斂と見ることもできる。

不倫不倫出会い不倫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: ナビゲーション, 検索

不可知論(ふかちろん、英:agnosticism)は、形而上の存在、死後の世界、の存在、神のお告げなど、神学に関する命題の真偽、また客観的本質的な実存は本質的に認識することが不可能である、とする宗教的、あるいは哲学的な立場をいう。

1868年(あるいは69年)にトマス・ヘンリー・ハクスリーによって造語された。宗教的には純粋に「神はいるともいないとも言えないのだ」とする公平な中立的不可知論と、無神論者であると言明するのがはばかられる場合に用いられる消極的無神論がある。しかしこの立場はしばしばマルクス・レーニン主義者や科学原理主義者を含む狂信的な無神論者からも(相対主義的であるなどで)批判の対象となった。狂信的な無神論者で、ブライト運動の推進者でもあるリチャード・ドーキンスは『神は妄想である』の中で、王立協会の会員へのアンケートの結果から、イギリスの知識人集団では97%が無神論か不可知論(あるいは家族や伝統への忠誠心から宗教的観念を否定しない、実質的な不可知論)に属すると述べた。

不可知論には懐疑論、現象学、実証主義などの立場から現象と実存を区別し、そこから客観的本質的な実存に対して認識不可能性を導き出す。不可知論においても客観的実存を絶対のものとして認識を言葉以上のものではないとする極端な立場があり、また認識不可能性を認めつつも想定することは可能であるという立場がある。

人妻人妻
<< 前のページ 次のページ >>
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
Copyright © / “りんごちゃん”created by pandacompany
忍者ブログ [PR]