忍者ブログ
いろんなものの出会いについて
«08 2017/09 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 30 10»
[20]  [21]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

JR(ジェイアール)はJapan Railway(ジャパンレールウェイ)の略で、1987年4月1日に旧日本国有鉄道(国鉄)から業務を引き継いだ法人のうち、鉄道事業を引き継いだ7つの株式会社の総称、あるいは個別の会社の呼称(例・JR東日本 = 東日本旅客鉄道)や略称として使われる語。総称(集合体)として強調する場合「JRグループ」と呼ぶことがある。また、日本旅客鉄道と呼ぶ事もある。赤字による民営化が行われたことから「」の字は金を失うに繋がり縁起が悪いということで、社名ロゴには「金偏に矢」(鉃、本来はの意味)を使用している。ただし四国旅客鉄道は「鉄」の字を用いており、そして各社とも正式な商号は「鉄」である。かつては、近畿日本鉄道(近鉄)等に同様の例があった

JRグループ各社は、日本国有鉄道改革法昭和61年法律第87号第6条第2項(旅客会社)、第8条第2項(貨物会社))の規定により、1987年4月1日に発足した。運営等については、旅客鉄道株式会社及び日本貨物鉄道株式会社に関する法律(JR会社法)に定められた。「JR」の愛称は、同年2月20日に決められたものである。

JR発足当初は、国鉄から移行した日本国有鉄道清算事業団が全株式を保有する特殊会社で、実態は「民営化」ではなかった(事業団解散に伴い1998年10月22日以降日本鉄道建設公団国鉄清算事業本部、2003年10月1日以降独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構が継承)。

2001年6月にはJR会社法が改正され、本州3社(JR東日本JR西日本JR東海)が本法の対象から外され、純粋民間会社(非特殊会社)化が実現した。また本州3社の株式については順次民間への売却が行われ、2002年6月にはJR東日本、2004年3月にはJR西日本、2006年4月にはJR東海の全株式の売却が完了し、上場している本州3社の「完全民営化」が実現した。なお、法律上は2001年にJR会社法の対象からはずされたが、一部事業運営に関しては、国土交通省が定める指針に従うことが求められており、国鉄時代からある「私鉄」と同一ではないが、私鉄と解する向きもある。また、国土地理院発行の地形図などでは現在もJR線とそれ以外の鉄道線路では異なっている。

一方、三島会社(JR北海道JR四国JR九州)およびJR貨物の4社は政府が全株式を保有する特殊法人であり、また固定資産減免および三島会社で依然経営安定基金により損失を補填している等経営環境の厳しい状況にあり、現在のところこの4社は上場や民間への株式売却の目途は立っていない。なお、JR北海道は2000年頃のITバブルで株価が急回復したことを受けて2002年頃の上場を計画していたが、その後の株価低迷により見送りの状態が続いている。現時点では九州新幹線鹿児島ルートの一部開業に伴って収益が僅かながら黒字に転じたJR九州が上場を目標に掲げており、最も実現の見込みが高いといわれている。

国鉄の英文字略称が「JNR」(Japanese National Railways)であったことから、「国有」を表すNを除いて「JR」とした、と説明されることも多いが、実際には「NR」(Nは日本の頭文字)などの案も検討された。国民の間で広く使われていた「国鉄」という呼び名にかわるものを考える過程でアルファベット略号案が浮上し、「JR」に落ち着いたものと考えられる。ロゴデザイン東京オリンピックポスタートヨタロゴ、アサヒビールロゴ等を考案した、日本デザインセンター[1]が担当。JR、NR共にシンプルなものから遊びの要素が強いものまで数種のデザイン案が作られたが、選考会で「誰にでもわかりやすい」という理由から現在のシンプルなロゴに落ち着いた。

  • 略称を検討する際、「○日本旅客鉄道」→「○鉄」のように「最初の1文字+鉄」とする案があったが、西日本が「西鉄」(九州の民間鉄道会社、西日本鉄道の略称)となってしまうため採用されなかった、というエピソードがある。

1987年4月1日の新体制の発足に際し、呼称としての「JR○○」「JRグループ」を前面に押し出した結果、「JR」の定着はスムーズに進んだ。「JR」という言葉は、従来からの私鉄や地下鉄に対し、「かつての国鉄が運営し、分割後の新会社に継承された路線」を説明する上で欠かせなかったため定着することができたと考えられる。しかし民営化された現在でも、一定年齢以上の人はそれまでの愛着かJRのことを「国鉄」と呼ぶこともある。

一方「国電」の代替呼称としてJR東日本が採用した「E電」という言葉は定着せず、現在ではまったく使われることがない。もともと必要不可欠ではなかったため、一般に浸透する力が弱かった。JR西日本が採用した「アーバンネットワーク」などという呼称が、ある程度普及しているのとは対照的である。

JRという言葉の定着は、その後の JAJTJHJFJFEJRAJ-PHONEJリーグJ-WAVEJPなどJを頭文字とするネーミングの素地を築いた。

ちなみに、岡山県岡山市にはJR発足以前から「JR」の略称を使用している引越専門の運輸業、株式会社ゼイ・アールというのがあるが、当然のことながら何の関係もない。同様の民間企業では、無線通信機器メーカの日本無線がJR発足以前から「JRC」の略称を使用している。

また徳島県の日本テレビ系列放送局である四国放送も、開局当初から「JR」(コールサインのJOJRから)という呼称を使用したが、現在は「JRT」に変更している。この略称の変更は1982年のJR発足前の国有鉄道時代に行われたものなので、当然何の関係もない。

さらに、日本中央競馬会も、JR発足の1987年に略称を「NCK」から現在の「JRA」に変更しているが、やはりJRグループとの直接の関連はない。

なお、JRグループではJR貨物が独自の「JRF」マークを制定しており、所有するコンテナ機関車に使用している。

サクラ出会い人妻
PR
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
Copyright © / “りんごちゃん”created by pandacompany
忍者ブログ [PR]